秋葉原は、家電製品の問屋や販売店が多くあり、ゲームやアニメグッズを扱うお店も多数あります。オタク文化の聖地としても有名な秋葉原は、一人暮らしにおすすめの賃貸マンションが多くあります。今回は、秋葉原での家賃相場をご紹介します。

一人暮らしの場合は?

秋葉原は、千代田区と台東区にまたがっている場所にあります。JR秋葉原駅は、京浜東北線、総武線、山手線が交差しています。他にも、東京メトロ、つくばエクスプレスなどが乗り入れているため、他の駅へのアクセスも大変便利です。通勤、通学にも利用しやすい便利な立地で、とても人気のエリアです。そのため、賃貸物件も多く、ワンルームの家賃相場は、9万円台となっています。

他にも、1Kや1DKの間取りも一人暮らしの人におすすめで、1Kで10万円前後、1DKでは12万円台が相場です。

カップルの場合は?

恋人がいるという場合、一緒に暮らす予定があるカップルもいるのではないでしょうか。物件によっては、二人暮らしのほうが一人暮らしのときよりも、家賃負担が軽くなる場合もあるかもしれません。カップル向けの賃貸マンションは、秋葉原にもいくつかあります。間取りは1LDKや2DKがおすすめで、15万円台が家賃相場です。

荷物が多い、趣味の部屋も欲しいなど、2人の希望を考慮して、少し広めの2LDKもおすすめです。相場としては、19万円台後半です。2人の条件にあった間取りの賃貸物件を、見つける目安にしてみてください。

ファミリーの場合は?

秋葉原にも、3人以上のファミリー層向けにおすすめの、賃貸マンションがあります。通勤に便利というだけでなく、子育て世代にも安心の住環境なのかといった条件も含め、家賃相場をしっかりチェックしておきましょう。3LDKの間取りの家賃相場は、22万円台、4LDKはそれ以上になる上、物件の量もさらに限られてきます。

ファミリー層といっても、子どもがまだ小さい場合は、あまり広めでの物件を選ばず、2LDKぐらいの広さの賃貸マンションを選ぶ人も多くいます。また、秋葉原駅から少し離れると、相場なども大きく変わってきますので、近隣の駅も検討しながら探してみてはいかがでしょうか?

家賃を安く抑えたい場合は

賃貸マンションを探していくと、立地条件も良く、築年数も浅ければそれだけ、家賃も高くなる傾向にあります。条件にあった物件を探したいところですが、毎月払っていく家賃の出費は、なるべく抑えたいものです。

ちょっと駅から離れていたり、築年数が経過している、設備の古さがネック、だけどじっくり物件を見ていくと間取りが気に入ったり、住環境が整っているなど、良い点が見つかるかもしれません。自分なりの妥協点が見つかれば、家賃を抑えられるでしょう。

秋葉原近辺の賃貸物件を調べてみたいという方はぜひ、ミニミニ秋葉原店にお問い合わせください。