人の流れが多く、都内主要エリアへのアクセスも良い飯田橋エリア。居住エリアとして人気が集まりつつあります。飯田橋エリアの住みやすさ、その人気の理由とはどんなものなのでしょうか。特徴や魅力、賃貸物件の相場などを紹介します。

飯田橋の特徴や魅力とは?

飯田橋エリアはJR中央、総武線に加えて地下鉄4路線も通り、バス停の整備も進む交通手段が豊富なエリアです。この利便性を活かしてタワーマンションやオフィスが増え、ビジネスマンや学生が多く利用する土地でもあります。複合商業施設である「サクラテラス」の建設によってさらににぎわう飯田橋。

一方で、駅北西側には神楽坂エリアがあります。昔ながらの風情を残し、「山の手銀座」と呼ばれた料亭が軒を連ねる神楽坂にも住居物件の開発がすすめられ、住宅地としても注目されています。そんな新旧の要素がうまく融合した土地が、飯田橋エリアです。

飯田橋の賃貸物件の相場は?

飯田橋周辺の賃貸物件の家賃相場とは、単身で暮らすアパートタイプでは74,000円程度、マンションタイプでは86,000円程度です。間取りはワンルーム、1Kが多く、決して安いとはいえない相場価格ですが、交通の利便性が良いため人気のあるエリアです。
都内各所へ行くにも便利なことと、周辺施設の充実によりにぎやかで人通りも多く、治安もいいため近年住む人が増えつつあります。
神楽坂周辺では下町エリアとして、築年数のある一軒家や学生向けのアパート、マンションなど、庶民的な建物が多くあります。

ファミリー物件の家賃相場は、マンションタイプ2LDKで23万円です。飯田橋駅前にはファミリー向けのタワーマンションが建ち、家族の入居が増えています。通勤、通学に便利な交通手段が豊富にあることに加え、飯田橋エリアには大型商業施設が建設され、ショッピングやレジャーにも便利な土地となりました。このことでファミリー層に人気が出ています。

新しさも古き良き伝統も備える飯田橋!おすすめのエリアは?

飯田橋駅前エリアでは、土地再開発が進んでいます。これまでランドマーク的に親しまれていた「飯田橋セントラルプラザ」に加えて、新たに複合商業施設の「飯田橋サクラテラス」がオープン。これによりショッピングやレジャーにも利用できるエリアとなり、ファミリー層に人気が出ることとなりました。ともなって、駅前を中心としてファミリー向けの高層マンションが増えつつあります。

昔からの家並みを残す神楽坂エリアでは、高級料亭街の風情を残しつつも、住宅地としては一軒家や単身向けのマンション、アパートなどがあります。神楽坂エリアは都内の繁華街と比べると、土地柄そこまで喧騒が気になることはありません。治安も良く、学生向けのマンションも増えているので、一人暮らしにもおすすめできるエリアです。

飯田橋近辺の賃貸物件を調べてみたいという方はぜひ、ミニミニ飯田橋店にお問い合わせください。