池袋駅は2つの百貨店が直結し、デパ地下は主婦や会社帰りの人でにぎわっています。有名店や人気店などの惣菜やスイーツが充実し、バラエティ豊かです。ケーキなどのスイーツや惣菜など、池袋のおすすめデパ地下グルメを紹介します。

池袋にあるデパ地下はふたつ!

池袋にあるデパ地下は、東口の西武池袋本店と西口の東武百貨店池袋店の2つです。

池袋西武本店は、デパ地下ブームの火付け役。フレンチの有名店「シェ松尾」が展開する「トレトゥール・シェ松尾」や芸能人御用達の玉子サンドを扱う「天のや(あまのや)」、洋食の「日本橋 たいめいけん」など惣菜が豊富で、高級スーパーの「ザ・ガーデン自由が丘」も入っています。2009年に改装したスイーツ売り場は女性客に人気で、マカロンが有名な「ピエール・エルメ・パリ」やニューヨークチーズケーキなどで知られる「グラマシー・ニューヨーク」などがあります。

東武百貨店池袋店は、高級スーパー「紀ノ國屋」も入る生鮮食品売り場が充実。「堂島ロール」で知られる「パティスリーモンシェール」や生チョコレートケーキが人気の「OGGI」など、スイーツにも定評があります。2016年には6店舗が入れ替わるスイーツのイベントスペース「HANA 3 TERRACE(ハナサンテラス)」をオープンさせたこともあり、20代~40代の若い客層が増えてきました。

池袋のデパ地下で人気のスイーツ店は?

池袋のデパ地下で日持ちする手土産やプチギフトなら、焼き菓子が定評の「アンリ・シャルパンティエ」へ。西武にも東武にも入っていて、人気のフィナンシェは、400円程度の3個入りから2,000円程度の16個入りまであり、シチュエーションによって選べます。また、東武百貨店池袋店に入るラスクの人気店「ガトーフェスタ ハラダ」もおすすめです。通年販売の定番品「グーテ・デ・ロワ」は13袋・26枚で1,000円程度。10月~5月下旬の季節限定のホワイトチョコレートでコーティングされた「グーテ・デ・ロワ ホワイトチョコレート」は、ラスクの常識をくつがえすおいしです。

和の人気スイーツとして挙げたいのは、1869年創業の「木村屋総本店」。東武百貨店池袋店に入るあんぱんの老舗で、明治天皇に献上した「酒種 桜」やつぶ餡の「酒種 小倉」が人気で150円程度です。

池袋のデパ地下で人気のケーキ店は?

池袋のデパ地下で人気のあるケーキ店といえば、東武百貨店池袋店の「パティスリー モンシェール」。「堂島ロール」は1,200円程度で、北海道産の生乳を厳選して使用したクリームが魅力です。また「アンジェリーナ」では、フランスのパリ本店と同じモンブランを購入することができます。大きめの「モンブランオリジナル」は800円程度、小ぶりな「モンブランデミサイズ」は500円程度です。

西武池袋本店にある「ピエール・エルメ・パリ」はマカロンだけではなく、目でも楽しめる趣向を凝らしたケーキも人気。ケーキは800円程度で期間限定商品が多くを占めますが、「タルト アンフィニマン ヴァニーユ」や「ドゥミルフィーユ」などの定番商品もあります。

池袋のデパ地下で人気の惣菜店は?

デパ地下グルメの惣菜の定番ともいる「RF1」は、池袋では西武と東武の両方に入っています。量り売りのサラダは100g300円台後半~500円台くらいで、「北海道産男爵のデリシャスポテトサラダ」や「たっぷり海の幸の美味サラダ」などが人気です。

池袋西武本店の「天のや(あまのや)」のテイクアウト専門店は、関西風の出汁の利いた出汁巻き玉子がはさまれたふわふわの「たまごサンド」が人気のお店。12個入りのレギュラーサイズは1,200円程度です。また老舗洋食店の「日本橋 たいめいけん」では、オムライスなどの洋食が1,000円程度からあり、イートインでも味わうことができます。

池袋近辺の賃貸物件を調べてみたいという方はぜひ、ミニミニ池袋店にお問い合わせください。