共働きの夫婦にとって、日中に子どもを預けられる学童保育所は頼もしい存在ですよね。このページでは、池袋エリアにある学童保育所を4つご紹介します。自治体運営や民間運営の学童保育所をお探しの方はぜひ参考にしてみてください。

豊島区の自治体が運営している学童クラブとは?

池袋を含む豊島区は、行政の子育て支援が充実していることで知られています。特に共働きの夫婦にとってうれしい支援制度といるのが、区が主導となって展開している事業「子どもスキップ」です。

「子どもスキップ」とは、すべての子どもたちが放課後を安心して過ごせるようにという願いのもとで実施されている育成事業です。その「子どもスキップ」の事業の一環として、子どもたちの放課後の居場所である「学童クラブ」の運営も行われています。具体的には、小学校などの施設の一部を児童の放課後の居場所として開放するサービスで、豊島区に在住・在学している小学生であれば無料で利用できます。その他、夏休みや冬休みでも利用できること、実施施設が区内に多く点在していることなども魅力といるでしょう。

なお「子どもスキップ」施設の利用には、事前の届け出が必要となります。届け出用紙は各子どもスキップ施設で配布されているので、興味がある方はお子様と一緒に最寄りの施設へ見学に行ってみてはいかがでしょうか。

池袋駅すぐの場所にある民間の学童保育所「伸芽’s クラブ」

「伸芽’s クラブ」は、都内を中心に展開している受験対応型の学童クラブです。受け入れが可能な子どもの年齢は、小学1年生から小学3年生まで。長時間にわたるカリキュラムによって子どもたちの教育と成長をサポートしているほか、「共働きで時間がとれないから子どもの中学受験は諦めていた」という家庭の受験準備を支えてくれる学童クラブとしても知られています。

「伸芽’s クラブ」の利用に際しては、まず施設の担当者との面談が必要となります。面談のお申し込みは、「伸芽’s クラブ」公式ホームページの問い合わせフォームやフリーダイヤルからどうぞ。

池袋エリアにある民間の学童保育所とは?

池袋エリアには、ほかにも民間運営の学童保育所があります。

たとえば都内に15拠点を持ち、池袋にも施設を構えている民間学童クラブ「リックキッズ」は、最長22時まで子どもを預けられることや、学校へのお迎えまたは自宅への送迎を行う無料サービスが特徴の学童クラブです。

また、東池袋にある児童教室「グレートキッズ」は、読み書きや計算といった基礎学力のカリキュラムに加えて、音楽や体育、おしごと体験などの幅広いプログラムが用意されています。

このように池袋エリアには、個性や特色の異なる児童クラブが多く集まっています。家庭の教育方針やライフスタイルにあわせてクラブを選べるところが、子育て世代にとってうれしいポイントといそうです。

池袋近辺の賃貸物件を調べてみたいという方はぜひ、ミニミニ池袋店にお問い合わせください。