一人暮らしをするなら池袋がおすすめ?気になるメリットと家賃相場について
これから一人暮らしをする学生や社会人が一人暮らしをしやすい地域が池袋です。しかしなぜこんなにも池袋がおすすめなのか、池袋で一人暮らしをするメリットや地域状況、家賃相場、一人暮らしにおすすめ物件条件などを紹介していきます。これから一人暮らしをする方は、ぜひ参考にしてください。

池袋での一人暮らしをおすすめするワケ

池袋での一人暮らしをおすすめするワケ
学生や社会人の一人暮らしでおすすめしたい地域が池袋です。池袋だからこそ、充実した一人暮らし生活を送れる3つのメリットがあります。では3つのメリットを詳しくみていきましょう。

8つの路線でアクセス便利

池袋での一人暮らしの魅力はなんといってもアクセスのよさです。湘南新宿ライン・埼京線・山手線・東武東上線・西武池袋線・丸の内線・有楽町線・副都心線といった8つの路線を利用できるため、どこへでもアクセスしやすいです。これだけたくさんの路線がそろっていると通学・通勤に便利で、友人や恋人とのお出かけにも困りません。

また部屋探しの際にアクセスのよさを重要視している方にはぴったりの地域といえるので、アクセス重視の方は池袋での一人暮らしをご検討してみてはいかがでしょうか。

デパ地下やスーパー、飲食店が近くにある

西部・そごうや東部百貨店にあるデパ地下、成城石井やマルエツといったスーパーが池袋駅周辺に10店舗以上あるため食品の買出しに便利です。池袋駅近くにデパ地下やスーパーがあると、学校や仕事終わりでも気軽に食材を買いにいけるため、休みの日の買いだめや食材がなくて困る日がなくなるでしょう。

また、時には「今日は自炊したくない」と思うこともありますよね。池袋駅周辺には居酒屋やレストラン、おしゃれカフェなどがあるため気軽に外食でき、自炊をしたくない日でも食事に困ることがありません。朝ごはんが用意できなかった日でも学校や仕事前に食べにいくことだってできちゃいます。

気軽にショッピングを楽しめる

ご存知の通り池袋には西部そごうや東武百貨店、OIOI(マルイ)、PARCO(パルコ)、LUMINE(ルミネ)といった人気のデパートがたくさんあります。買い物目的で池袋に訪れる人も多く、多くの人が休みの土日はたくさんの人でにぎわっています。

池袋で一人暮らしをすれば、学校終わりや仕事終わりなどの平日でも気軽にショッピングを楽しむことができます。人ごみが苦手で、土日の買い物は避けたいと思っている人は池袋で一人暮らしをするといいかもしれません。

気になる治安や暮らしやすさ、家賃相場は?

気になる治安や暮らしやすさ、家賃相場は?
親元を離れ、これから一人暮らしをする方にとって気になるのが治安のよさですよね。安心して一人暮らしをするうえで地域の治安のよさは必須項目といえるでしょう。では一人暮らしでおすすめの地域、池袋の治安状況や暮らしやすさ、家賃相場について詳しくみていきましょう。

治安の悪さはだいぶ改善された

「池袋ウエストゲートパーク」といったドラマの影響で池袋が治安の悪い場所だと思っている方が多く、池袋での一人暮らしに抵抗がある人もいるでしょう。確かに一昔前まで治安が悪かったのは事実ですが、今ではだいぶ改善されて昔ほど治安の悪い地域ではありません。

近年ではリニューアルした南池袋公園などもあることから、ファミリーからも人気がある地域でもあります。

住みたい街ランキングでトップ10入りした

SUUMO(スーモ)で行っている、「2018年度 住みたい街ランキング」で第5位に輝いたのが池袋です。雑貨店や美容ショップ、飲食店、ショッピングパーク、路線が充実しており住みやすいという理由から20代が憧れる地域となったのです。一人暮らしをするうえで利便性や充実性を求めている方には、ぴったりの地域だといえるでしょう。ぜひ池袋での一人暮らしをご検討ください。

想像しているより家賃相場が安い

8つの路線でアクセスがよく飲食店が多くて食事にも困らず、大型デパートが駅近くにあるため気軽にショッピングが楽しめるなど、池袋は生活するうえでメリットだらけの地域といえます。これだけ条件が充実していると、家賃相場が高いイメージがありますよね。しかし池袋は思っているより家賃相場が高くありません。

  • 1R:70,000円前後
  • 1K:80,000円前後
  • 1DK:100,000円前後
  • 1LDK:130,000円前後
  • 2K / 2DK:110,000円前後

一人暮らしをするうえで十分な間取り、1Rや1Kであれば100,000円以下の家賃で済ませることが可能です。

池袋で一人暮らしをする上で、どんな間取りや条件が必要?

池袋で一人暮らしをする上で、どんな間取りや条件が必要?
はじめての一人暮らしだと不安がつきものですよね。また一人暮らしに対する不安は、あなただけでなくご両親も同じでしょう。あなたとあなたのご両親が安心できるように、一人暮らしをするうえでの物件選びは慎重に行いましょう。では池袋で安心して一人暮らしをするうえで必要な間取りや条件について説明します。

1Rや1Kであれば一人暮らしができる

一人暮らしであれば1Rや1Kといった間取りで、十分に生活できます。しかし1Rや1Kの場合、食事をする部屋と寝る部屋が同じになってしまうので分けたいという方には、1DKや2Kといった2つの部屋がある物件をおすすめします。

安全性は重視しよう

治安の悪さが改善され、安心して暮らせる街になった池袋ですが100%トラブルに巻き込まれないという保証はありません。あなたとあなたのご両親が安心できるよう、オートロック付きや人の通りが多いエリアにするなどして安全性が高い物件を選びましょう。

おわりに

2018年度、住みたい街ランキング第5位に輝いた池袋。路線の多さ、スーパーやデパ地下が近くにあること、学校や仕事終わりでもショッピングができるといった利便性と充実性が高いことから人気度が上がったのでしょう。

利便性や充実性が高いことから家賃相場が高いと思われがちですが、一人暮らしに十分な1Rや1Kであれば100,000円以下の家賃相場で済ませることができます。池袋近辺の賃貸物件を調べてみたいという方は、ぜひミニミニ池袋店・池袋西口店にお問い合わせください。