森下・はし

ミニミニ森下店のある地域には、隅田川や小名木川などが近くにあります。
川があるということは、橋があるということ。
丸の内や日本橋といったにぎやかなエリアと下町を結ぶ橋の風景の一部をご紹介します。


 

森下・新大橋

新大橋

昭和52年に現在の橋になった新大橋は、江戸時代には20回以上もの消失や流失があったにもかかわらず何度も架け替えられて使われてきた、まさに江戸っ子の生活を支えた橋です。
両国橋(大橋)の次に隅田川に架けられた橋として新大橋と名付けられ、明治18年には西洋式の木橋、明治45年に鉄橋として建て替えられ、長い間日本の歴史の流れを見続けてきました。
1912年に建てられた鉄橋は戦後まで補修されながら利用されていましたが、橋台の沈下が激しく、1977年に現在のものに建て替えられました。
川沿いから眺める隅田川の名物のひとつです。

 

森下・万年橋

萬年橋

萬年橋は、小名木川の隅田川寄りにかかる橋で、すぐ西側で小名木川と隅田川が合流しています。
小名木川は江戸城に塩を運ぶための運河として、江戸時代に作られました。川の開削とともに川の北側に深川村が出来、現在の深川地域に発展します。
現在でも江東区常盤と清澄をつなぐ地域の橋として、萬年橋通りを通し地域の道として親しまれています。

 

森下・清澄白河周辺の地域の歴史を紐解くと、江戸時代の活気を感じることが出来ます。
江戸・明治・大正・昭和の日本を間近に見てきた建物や橋を訪ねて歩くのも楽しいですね。