文京区の小学校は、国立、私立、公立にて人気の学校がありますので、ご紹介をさせて頂きます。

まず、文京区にある小学校を一覧に表示させて頂きます。

■国立
お茶の水女子大学附属小学校
筑波大学附属小学校
東京学芸大学附属竹早小学校

■私立
日本女子大学附属豊明小学校
※女子のみ

■公立
(http://www.city.bunkyo.lg.jp/kyoiku/kyoiku/gakko/hp/gakkohp.html)
礫川小学校/柳町小学校/指ケ谷小学校/林町小学校
明化小学校/青柳小学校/関口台町小学校/小日向台町小学校
金富小学校/窪町小学校/大塚小学校/湯島小学校
誠之小学校/根津小学校/千駄木小学校/汐見小学校
昭和小学校/駒本小学校/駕籠町小学校/本郷小学校

■人気の小学校は?

この中で人気の小学校ですが、以下のようになります。

国立
・お茶の水女子大学附属小学校
・筑波大学附属小学校
・東京学芸大学附属竹早小学校

公立
・誠之小学校(せいししょうがっこう)
・昭和小学校
・千駄木小学校
・窪町小学校

特に、上記の公立の4校は
文京区の人気・評判の高い小学校の頭文字を取って、「3S1K」と呼ばれているようです。

■国立小学校について

国立の場合には、お受験が必要になります。
学校の特徴などを記載致します。

・お茶の水女子大学附属小学校
付属の幼稚園があるため、内部進学者が一定数います。
女子大学付属ですが、男女入学可能です。
こちらの学校は、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学とありますが、
高校、大学からは、女子のみ入学可となります。
(お茶の水女子大学附属幼稚園については、こちらの記事をご覧ください。↑の記事へのリンク)

・筑波大学附属小学校

国立の小学校で、特に人気なのが、「筑波大学附属小学校」となります。
小学校の受験の難易度を示す、偏差値でもトップに位置しています。
受験のシーズンになりますと、受験の用紙をもらいに行列ができているほどです。
仕事中ではないのか?と思われるスーツ姿のお父さんもいらっしゃいます。

・東京学芸大学附属竹早小学校

かなり自由でのびのびと子どもを育ててくれる校風のようです。
附属竹早小学校からの附属竹早中学校への進学率は、95%近くとなっており非常に高いです。
学内試験の成績により判定されます。
基本的に成績表がなく、「生活の記録」という自己評価表で評価をしていきます。

■文京区で人気の公立4学校 人気の理由とは?

「3S1K」と言われる、文京区の公立4学校ですが人気の理由はどこにあるのでしょうか?

人気の公立の小学校ということですが、他の小学校とカリキュラムが違うということはないです。

しかし、教育に力を入れている親御さんは、
これらの小学校にいれるために、他の学区から引っ越しをしてくるほどです。
つまり教育熱心な親御さんが集まっている学校とも言えると思います。

公立の学校ですから、学校の先生の異動もありますが、
やはり、注目度が高い学校ですから、配属された先生のやる気も違うのではないかと思われます。
もちろん、先生にかかるプレッシャーも高いと思いますが、保護者からの目というものが
あるので、期待に対してがんばるというのはありそうです。

最近は、1学年1クラスという学校も増えていますが、人気が高いがゆえ、クラス数も多くあるようです。
クラス替えなどもありますから、6年間同じ子どもと同じクラスということにはならないので、安心感があります。
特にいじめなどがあると、同じ子どもと6年間というのはなかなか厳しいものがあるかと思います。

本郷小学校も最近は人気が上がってきているようです。
理由は定かではありませんが、近くに東大があります。

■「3S1K」の学区はどこ?

・誠之小学校(せいししょうがっこう)
・昭和小学校
・千駄木小学校
・窪町小学校

上記の学区に関しては、下記の文京区のサイトをご参照ください。
http://www.city.bunkyo.lg.jp/kyoiku/kyoiku/gakko/elementaryschool/tuugaku.html

文京区の上記学校の学区の賃貸をお探しであれば、茗荷谷店へ!