都営大江戸線森下駅と清澄白河駅の間のエリアは、おしゃれなカフェや、清澄公園に代表される自然豊かな公園があります。また深川江戸資料館のように古い江戸の歴史を知るような資料館もあり人気です。森下から清澄白河エリアを散策する際におすすめのスポットをご紹介します。

清澄白河にはおしゃれなカフェがたくさん!

清澄白河にはおしゃれなカフェがたくさんあり、多くの人でにぎわいます。

「fukadasou CAFÉ(フカダソウカフェ)」は、清澄白河駅から約5分の場所にあるカフェです。築50年のアパート兼倉庫をリノベーションしていて、レトロな雰囲気が漂います。店内はゆっくりとした時間が流れているようで、コーヒーを飲みながらゆっくりと過ごす人が多いです。カフェの中にあるレンタルスペースでは撮影やワークショップ、イベントなどが行われます。

「ALLPRESS ESPRESSO(オールプレス エスプレッソ)」は、ニュージーランド発祥で、現地でも大人気のカフェです。住宅街の中になじむようにお店があり、コーヒー豆の販売とカフェを運営しています。独自の製法で挽いた豆を使ったコーヒーは口当たりの良さとすっきりとした後味が特徴です。

「ポートマンズカフェ」は、アンティーク調のインテリアが落ち着いた雰囲気の、まるで隠れ家のようなカフェです。コーヒーなどのほか、素朴な風味のスコーンが人気で多くの人が訪れます。

清澄白河でオープンし大きな話題を呼んだ「ブルーボトルコーヒー」は、焙煎する過程を見ながらコーヒーが楽しめるカフェです。店内は焙煎の香りと音に包まれて、コーヒー好きにはたまらない空間です。オープンから数年経っても変わらずにぎわいを見せています。

森下・清澄白河散歩でレトロなお店でランチをしよう!

森下と清澄白河エリアを散策中にはレトロ感が溢れるお店でランチをするのもおすすめです。

森下駅から徒歩2分の場所にある「モンブラン森下」は、鉄板焼ハンバーグが人気のお店です。店内はカジュアルで入りやすく、国産牛100%を使用した手ごねハンバーグは大人にも子どもにも好評の味です。

昭和に建設された木造二階建ての趣のあるお店で、馬肉料理が楽しめる「みの家 本店」は、森下駅A4出口から徒歩1分の場所にあります。熟成することによって旨味が引き出された馬肉をさまざまな料理にして提供し、多くの人を満足させています。

森下・清澄白河散歩で寄りたい観光スポット

森下・清澄白河エリアでは観光スポットも多くあります。

都営大江戸線・東京メトロ半蔵門線の清澄白河駅で下車し歩いて3分の場所にある「清澄公園(きよすみこうえん)」は、明治時代の造園方式を取り入れた回遊式林泉庭園です。また、庭園の西側には公園が開園し、芝生のある広場や桜の木があり、春にはお花見スポットとなっています。

清澄公園の近くにある、「江東区深川江戸資料館」は、江戸時代に関する資料を集め展示している施設です。中には江戸時代の街並みが実物大で再現されていて、当時の様子を体感できます。

清澄白河駅A1出口から徒歩3分の場所にある、深川稲荷神社は、深川七福神のひとつ、布袋尊がまつられる神社です。創立は1630年で、深川エリアの中では古い神社で、旧地名が「西大工町」であったことから西大稲荷とも呼ばれています。布袋尊とは、清廉潔白で大きな度量を人々に預ける福の神として親しまれてきました。

森下近辺の賃貸物件を調べてみたいという方はぜひ、ミニミニ森下店にお問い合わせください。