東京都江東区にある森下は、都営大江戸線と都営新宿線が走ります。周辺は隅田川とそこから分かれた小名木川が流れ、自然豊かなエリアです。ファミリー層が住むエリアでもあり、周辺には高森公園などさまざまな公園や児童館が整備されています。その森下で、親子で遊べる公園や児童館などのスポットをご紹介します。

親子連れでにぎわう森下公園

都営新宿線の森下駅A6出口から歩いて2分程の場所にあるのが「森下公園」です。園内は土の広場と遊具のゾーンに分かれています。遊具は、すべり台やブランコのほかにアスレチックのような複合遊具が設置されています。

子どもたちが走り回るのに充分な広さがあり、休日は多くの親子で朝から夕方までにぎわう公園です。

街のオアシス「高森公園」

都営新宿線森下駅と、東京メトロ半蔵門線清澄白河駅の中間地点にある「高森公園」は、周りは住宅やオフィスビルに囲まれた静かな雰囲気の公園です。この公園の特徴は、遊具がカラフルでユニークなものが多く、子どもだけではなく大人の目も引くところ。

森下エリアの中でもオアシスのような存在の公園で、遊ぶだけではなく休憩のために利用する人も見られます。

緑豊かな「千歳公園」

都営新宿線の森下駅から歩いて5分のところにある「千歳公園」は、江東区と墨田区の境界線にある公園です。園内は緑豊かで、桜の本数が16本あり春には花を一斉に咲かせます。

遊具はバラエティ豊かで、2種類あるすべり台のうち、ひとつは背が高いスパイラルタイプで小さな子どもだけではなく、大きな子どもにも人気です。砂場もあり親子で楽しむ姿が見られます。

すべり台が人気「中和公園」

都営新宿線森下駅と菊川駅の間にある「中和公園」は、区立小学校に隣接しています。園内は広々としていて、明るい雰囲気です。

山のような形をしていて、両側からのぼって滑ることのできるすべり台や、ジャングルジムにウンテイがつながった遊具など、ほかの公園ではなかなか見られないユニークな遊具が揃います。中でもヒョウ柄に塗られた象のすべり台が人気です。幅広い年齢の子どもが楽しむことができる公園です。

幅広い年齢で利用できる「森下児童館」

都営新宿線森下駅から徒歩約7分の距離にある「森下児童館」は、「多世代が育ち合える児童館」をテーマに、乳幼児から高校生まで幅広い子どもたちが利用できます。

年齢別のサークルやワークショップなどの行事が定期的に開かれるほか、乳幼児を育児中の保護者が他の人と交流したり、憩いの場として利用したりもできます。バラエティ豊かなイベントがあり、親子で楽しめる施設です。ホームページが充実していて、各行事やワークショップの内容や月の予定などがわかりやすく記載されています。

森下近辺の賃貸物件を調べてみたいという方はぜひ、ミニミニ森下店にお問い合わせください。