両国国技館があり、観光客の姿も多く見られる両国エリア。住宅地も多くあるので、単身者や女性の一人暮らしにもおすすめできるエリアです。両国エリアの交通事情や治安、単身での家賃相場や物件のスペックなど、両国での住みやすさのポイントをご紹介します。

交通&駅チカエリアの使い勝手

両国エリアの交通拠点となる両国駅。JR総武線と都営大江戸線が乗り入れる接続駅です。JR総武線両国駅では秋葉原や新宿、浅草橋方面へ向かう電車が発着しており、都内主要駅へのアクセスも良好である特徴を持ちます。都営大江戸線を利用すると、六本木方面へも乗り換えなしで向かうことができ、両国駅はショッピングや通学・通勤に便利に使うことができます。

また、両国エリアのランドマークは相撲の取り組みが行われる両国国技館。駅チカエリアには飲食店が集中し、その中には力士が好んで食べるちゃんこ料理を提供する和食店も見られます。ほかにも路地裏には女性人気の高いイタリアンレストランや、しっかりランチが食べられる中華料理店など、小規模ながらもこだわりの料理を提供するお店が多数点在。休日のランチや通勤・通学帰りのご飯には困ることがありません。両国で、下町ならではの名店を発掘してみてはいかがでしょうか。

お買い物事情

両国エリアでは、住宅地を多く有するためコンビニが各所で営業しています。特に両国駅周辺にはコンビニが多く見られるので、通勤や通学前に利用したり、帰宅途中で利用したりすることも可能です。また、両国エリアからJR総武線に沿って秋葉原・浅草橋方面へ向かうと「サミットストア」両国石原店や「肉のハナマサ浅草橋店」があります。「肉のハナマサ」は肉をお得に買い求めることができ、特定の日に行われる肉の日大セールではさらにお得に肉を買うことができます。両店は品ぞろえが豊富にあり、深夜まで営業しているので帰宅が遅くなっても買い物ができる便利なスーパーです。

両国駅から電車を使えば、ひと駅で錦糸町、二駅で秋葉原があります。都内の主要繁華街への利便性も高いので、ショッピングに便利なエリアです。

治安と単身物件の相場

両国エリアは両国国技館で行われる相撲の取り組みやイベントを目的に、観光客が多く訪れる場所です。エリア外から多く人の流れが入り込む土地柄なので、警察や町内会のパトロールが行われ、治安管理がされています。国技館でのイベントがあるときには観光客が増え、人出でにぎわうエリアですが、それ以外では住民が穏やかに暮らす静かな土地です。住宅地を多く有する下町らしいのどかな雰囲気が広がっています。

両国エリアでの単身用物件は、家賃相場は平均して8.5万円~9.5万円で、間取りは一人暮らしで便利に使える1K・1DKのものが多く見られます。築年数は古いもので30年近く経つものもある一方で、新築物件もあります。都内の家賃帯としては低い6.5万円~9.5万円の物件が多いので、単身者にとっては住みやすさのあるエリアといえるでしょう。

両国近辺の賃貸物件を調べてみたいという方はぜひ、ミニミニ両国店にお問い合わせください。