2017年の春にオープンした「銀座シックス」は、オフィスフロアやデパ地下、能楽堂、レストランなどを含んだ複合商業施設です。今回はこの銀座シックスを訪れる前にぜひ知っておいてもらいたいおすすめのカフェ&レストランや、各店の営業時間などをご紹介します。

ディオールのカフェ「Cafe’Dior by Pierre Herme’」

銀座シックス4階のクリスチャン・ディオールが展開するカフェ「Cafe’Dior by Pierre Herme’」は仏の有名パティシエ、ピエール・エルメが監修する絶品スイーツと香り高いドリンクを楽しめるお店です。繊細なスイーツやドリンクを彩るのは、ディオールが手掛けるアフタヌーンティーセットやカトラリーなどといった食器たち。ディオールファンをはじめ、流行やおしゃれなどに敏感な方が多く訪れる話題のスポットにもなっています。店内は白を基調としたおしゃれで落ち着いた雰囲気が広がり、優雅な時間を過ごしたい方にもおすすめの場所です。

カフェメニューをはじめ、モーニングメニューや10:30~13:30までの時間限定メニューなどがあります。予約を受け付けていないので限定メニューなど楽しみたい方は、時間に余裕を持ってお店を訪れるといいでしょう。営業時間は10:30〜20:30で、ラストオーダーは19:30までとなっています。不定休となっているため、ホームページなどをチェックしてから訪れるといいかもしれません。

鯛茶漬けが人気「くろぎ茶々」

「くろぎ茶々」は、高級料亭の「くろぎ」と京都にある茶屋「福寿園」がコラボしたお店です。お茶やお菓子、お茶を使った料理などを味わうことができます。また、お茶の飲み方も複数用意されているので、さまざまな飲み方でお茶を楽しめるのも魅力のひとつ。気に入ったお茶などは購入することも可能で、おみやげはもちろん自宅に持ち帰ることもできます。

そんな「くろぎ茶々」で、特に人気があるのが鯛茶漬けです。ゴマだれに漬け込んだ鯛をご飯にのせた後、厳選されたお茶をかけて一気にかきこむと、ゴマだれとやさしいお茶の香りが口の中に広がります。ご飯のみならず、鯛もおかわりできるのが魅力。落ち着いた雰囲気の店内には、イートインできる席が5席用意されています。

営業時間は10:30~20:30で、不定休です。お食事はもちろん、お茶のおいしさを改めて感じることができます。

絶品スイーツが味わえる「フィリップ・コンティチーニ」

銀座シックスの地下2階にある「フィリップ・コンティチーニ」は、フランス菓子の巨匠フィリップ・コンティチーニが手掛けるブティック&レストランです。

メニューも豊富で、りんごを用いたタルトタタンとカリッとした甘い表面クイニーアマンが絶妙に融合した「クイニータタン」や、そのクイニータタンにキャラメルアイスを合わせ、そば茶をふりかけたクイニータタンのキャラメルアイス添え、グラスデザートのヴェリーヌパフェ、トマトとモッツァレラのゴーフルなどが用意され、感動するほどのスイーツや食事を楽しむことができます。

落ち着いた店内には、目の前で「ア・ラ・ミニッツ」を作り上げる工程を楽しめるカウンター席も用意。営業時間は10:30~20:30となっており、イートインのラストオーダーは19:30までです。ケーキや焼き菓子などの購入も可能です。

サンドウィッチがおいしい「JOE’S CAFE 」

「JOE’S CAFE 」は、サンドウィッチやスコーンなどのフードメニューが楽しめるカフェです。美術館のようなクラブハウスをイメージした店内には、ブックディレクターの幅允孝氏が率いるBACHが厳選した希少な書籍が並ぶブックスペースもあり、本と一緒にカフェを楽しむことができます。

おすすめメニューは、イングリッシュスコーンやマドレーヌ、パウンドケーキなどを盛り合わせたティースイーツプレート。そのほかにも、季節のフルーツを使ったサンドウィッチなどが用意されています。ドリンクメニューも豊富で、季節ごとの味わいを楽しめるブレンドティー(日本茶、紅茶、中国茶をブレンド)など、常時10種類ほどラインナップされ、アルコールも用意されているので、プライベートはもちろん仕事帰りにもおすすめです。

営業時間は10:30~20:30。銀座シックスの5階にあります。

東京駅前近辺の賃貸物件を調べてみたいという方はぜひ、ミニミニ東京駅前店にお問い合わせください。